スマートドラッグ総評5~ビタミン、疑ビタミン~

①ビタミンB6は気分改善に便利だが1日500mg以上はリスクがある。(確実なリスク減少は100mg未満)

ビタミンB5はニキビに極めて有効だと感じた。おすすめする。

 

ビタミンB1

特にわからなかった 硫黄くさい

ビタミンB2

尿が黄色くなった

ビタミンB3

不明。化粧水にして肌に塗ると赤みがとれる。これは便利。

ビタミンB5

1日2g前後とることでニキビが改善する。毛穴とかもなくなる。やめると元通り。

カプセルで買うと高いので粉末で安いショップを探すと良い。おすすめはNutrivitashop。

味は苦い。苦くてほんのり甘い。

ビタミンB6

100mg以上で強い抗うつ作用が生じる。効果時間は1~2時間。ビタミンとは思えないほど強い。またこれをとって寝ると鮮明な夢を見れる。

気分爽快、視界の向上、頭の回転の向上、意欲の上昇、やる気の改善等優れている。

虫歯の改善、PMSの改善等の多様な作用を持つ。

水溶性ビタミンの癖に大量投与は毒性がある。500mg以上の投与は控えたほうがいい。

またピリピリした感覚が生じたらやめる。

味はすっぱくて苦い。

ビタミンB12

不明。

葉酸

不明。

ビタミンD3

1日2000IUの摂取で様々な健康効果が生じるらしいが効果は不明。examin.comによれば先進国でもっとも不足しているビタミンとのこと。1日10000IUが上限。それを超えてはいけない。

ジェルカプセルなので味はわからない。

グルコン酸マグネシウム

鎮静作用があり、寝る前に摂取することでよく眠れる。取りすぎるとおなかをくだす。

味はほんのり甘かった。甘い味が舌に残る。

マグネシウムに換算して200mg前後とる。

グルコン酸亜鉛

感染予防。特に風邪の前兆時に取ると効果が得られる。予防にもいい。男性機能改善にも便利。

味はほんのり苦い。

亜鉛として15mgとると良い。

クレアチン

若干腕が膨らんだ。筋肉が増えている訳ではなく水分を引き込むだけらしい。

抗うつ効果はない。安いし、有益らしいので取っているがビタミンD3同様よくわからない。

味はしない。無味無臭というのも珍しい。

2.5~5gくらい取るが、食後に取るのが良い。下痢を起こすようであれば朝晩に分割。

スルブチアミン

ビタミンB1の誘導体。これは薬。とれば抗うつ効果があるが、コストが高く割にあわない。苦い。200mg。

EPADHA

2g前後で気分改善がある。取りすぎ、および相互作用に注意。

イチョウ葉エキスやヘパリン、ワルファリン等の血液をさらさらにするものとは併用してはいけない。

こちらはvitacostのカプセルをおすすめする。イチゴの香りがついており、これらの激臭を紛らわせてくれる。

vitacostで年に数回BOGOFREEというセールをやっているのでそれを狙って買いだめしよう。待ちきれない人はBOGOHALFでもいい。こちらは75%off。